君の技術で未来の街を創る

パナソニック㈱が進めるサスティナブル・スマートタウン(以下、SST)を舞台にした
「AI人材教育・SSTデータ活用アイディア創出プロジェクト」です。
自らの技術力を高め、社会課題を解決するような未来のサービス開発に挑戦しましょう。
(本プログラムは、パナソニック㈱が主催し、協力企業である㈱STANDARDによって運営されます。)

   JOIN US   

応募フォームへ遷移します

What is Tsunashima SST?

綱島SST(Tsunashima Sustinable Smart Town)は横浜市綱島に位置するパナソニック株式会社の工場跡地を活用したスマートタウンです。
本プログラムでは街の中にある様々な課題に対し、AIをはじめとする多様な技術を持つ学生が、自分たちの技術を生かして解決を目指します。

サスティナブル・スマートタウンとは?
住民、パートナー企業、自治体、行政、大学との協業で、くらしや地域の課題を先端の技術やソリーュションで解決し、スマートライフが持続し続けるエコ&スマートな街

Tsunashima SST詳細はこちら

綱島SST公式ホームページに遷移します

What you can do

街の中にある課題等を技術で解決するために、
以下のプロセスにチームで臨みます。

インプット

本格的な開発に先駆けて、各学生がそれぞれ必要な技術や知識を身につけます。インプットの成果発表の場としてチーム対抗のミニハッカソンを行い、身につけたスキルや知識の運用の経験も積みます。

フィールドワーク

綱島SST内での課題を発見するために、実際に現地調査を実施。現地の状況を直接確認したり、専門家にヒアリングを行い、街の課題を把握します。また、他のスマートシティにも見学に訪れ、知見を深めます。

アイデアソン

現地調査で収集した様々なデータから、街の課題を特定します。その後、課題を解決するためのアイデアをチームで出し合います。加えて、アイデアを実現するための開発計画を立てます。

フィードバック・メンタリング

プログラム期間中、皆さんのアイデアや開発に対して、優秀なビジネスパーソンやエンジニアによるフィードバックの機会を設けます。密なコミュニケーションを重ね、成果物をブラッシュアップしていきます。

データ解析

アイデアソンでの計画に沿って、ソリューションを開発するために、本格的にデータを収集します。実装に向けて、収集したデータの前処理から解析までの作業を一気通貫で行います。

プロトタイプ開発

データの解析結果を用いて、課題を解決するためのプロダクトを開発します。AIモデルを作成するだけでなく、モデルを実際に活用するためのアプリケーションやハードウェアを構築していきます。

What you can gain

本プログラムの研究員として活動に取り組むことによって、大学の講義や企業のインターン業務では限界のあった経験やコミュニティを獲得することができます。

実社会の課題を解決する経験

実際に起きている課題を解決することで、自分自身が直接的に社会に貢献できる経験を学生の段階から積むことができます。

圧倒的なPDCAの機会

長い期間をかけて、課題発見から解決に向けた実装を目指す中で、何度もPDCAを回し改善していく機会を得ることができます。

優秀な仲間とのコミュニティ

全員がそれぞれ尖った才能や技術を持つメンバーであり、互いに刺激を与え合い、幅広いネットワークを築くことができます。

Supports

最先端の技術を用いて未来の街づくりに取り組む学生研究員を、開発環境から技術指導まで様々な観点から支援いたします。

教材・書籍

プロジェクトで活用する先端技術に関する教材や書籍を用意。ハッカソンでの開発に向けた密度の濃い環境を提供します。

開発施設

綱島SST内に設置。様々な用途で利用することができ、開発への集中を支えます。

計算資源

大規模なデータ分析やAIモデルの構築に必須の計算資源を用意。アウトプットの質の向上を支えます。

Sponsors

パナソニック株式会社

協力企業

株式会社STANDARD

Messages

井戸 正弘

パナソニック株式会社 執行役員 
ビジネスソリューション本部長

パナソニックはこれまで、工場跡地等の自社土地を活かし、パートナー企業や自治体、大学との協業により、Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(SST)や、Tsunashima SSTというスマートタウンを構築するとともに、社会課題の解決に向けた新たなソリューション・商材開発や、新規サービスの実証フィールドとしてSSTを活用してきました。
今後、日本では、国や自治体をはじめとする様々な企業や団体によってAI・IoT等の新技術やビッグデータをまちづくりに取り入れたスマートシティの構築が進められようとしており、これは世界の潮流ともなっています。
このような趨勢を踏まえ、パナソニックは、慶應義塾大学・日吉キャンパスに近いTsunashima SSTのフィールド活用した「AI人材教育・SSTデータ活用アイデア創出」の取組みを㈱STANDARDとともに開始します。
コンピューターサイエンスやデータアナリティクス等のAIスキルを高め、社会課題の解決に挑戦したいという高い志と、強い思いを持った大学生の皆さんのご参加を期待しています。

学んだ先端技術を活かして
理想の街づくりに貢献する。

自分の将来の可能性を広げませんか?

JOIN US

 応募フォームへ遷移します

Schedule

詳細スケジュール

現時点で確定していない活動日は、プログラム参加後に調整いたします。
※一部日程や活動内容に変更の可能性がございます。

5月1日   (水):エントリー開始
5月13日(月):エントリー締め切り(23:59まで)
5月17日(金):書類選考通過者の発表
5月24日(金):『Tsunashima SST』学生研究員の発表(面接通過者の発表)
6月1日   (土):キックオフイベント 
6月5日   (水):第1回活動日(ガイダンス)※必須参加
6月22日(土):第2回活動日(SSTプロジェクト第1弾「藤沢SST」エリア見学)※必須参加
6月29日(土):第3回活動日(ミニハッカソン)
7月1週目     :第4回活動日(2日連続の活動日)※必須参加
           1日目:綱島SST見学・事業紹介
           2日目:特別講演「データ分析の実応用」・フィールドワーク
8月1週目     :第5回活動日(ワークショップ・アイデアソン①)
8月2週目     :第6回活動日(アイデアソン②・ハッカソンスタート)
8月3週目     :第7回活動日(柏の葉スマートシティエリア見学)※必須参加
9月1週目     :第8回活動日(ハッカソンの中間発表会)
9月3週目     :第9回活動日(ハッカソンの最終発表会)※必須参加



Reserchers

応募方法

募集要項

研究員の応募にあたっては以下の要件を踏まえてご応募ください。

必須要件
1. 大学生・大学院生・専門学校生・高専生である。
2. 詳細スケジュールの中で「※必須参加」と指定された活動日は必ず参加できる。
3. 機械学習を始めとする先端技術を学習する強い意欲がある。
--------------------------------------------------------
歓迎要件
1. AI・データ分析領域での実務経験がある。
2. アプリケーション開発スキルがある。
3. ハード面での興味関心・実装スキルがある。
4. 自分のアイデアで社会の課題を解決したいという強い思いがある。
5. 街の課題解決による新たなスマートタウンづくりに強い関心がある。
--------------------------------------------------------
その他注意事項
1. 本プログラムは、パナソニック㈱の依頼によって協力企業 ㈱STANDARDが運営します。
2. 本プログラム期間中の都内以外で開催された活動に関しては一定の交通費が支給されます。
3. 期間中、㈱STANDARDの教材を用いて一定のプログラミングや機械学習などの技術を習得していただくことが、以降のハッカソンに参加できる条件となります。AI・データサイエンス領域の技術の未経験者で応募される方は、インプット期間に十分な時間を確保の上、ご応募ください。
4. 企業のインターン業務に従事している方は、勤務先との雇用契約を遵守した上で応募をご検討ください。勤務先との間で生じたトラブルに対し、弊社は責任の一切を負いかねます。
5. 期間中に知り得た情報の一部は、NDA(秘密保持契約書)に基づき、口外することが禁止となります。
6. ご応募いただきました皆様の個人情報は、パナソニック(株)および(株)STANDARDの2社で共有し、それぞれの企業の個人情報保護方針に基づき、主に選考・活動時の連絡の目的で利用いたします。詳細は、各社の個人情報ポリシーをご覧ください。

※パナソニック株式会社  個人情報保護方針※株式会社STANDARD     個人情報保護方針
JOIN US

応募フォームへ遷移します

Contact

本プロジェクトに関するお問い合わせは以下よりご連絡ください。
※こちらは応募フォームではございません。ご応募は応募フォームよりご応募ください。

Name

Email

Message

Follow us

© 2019 STANDARD KK.